相手に対する気遣いをしてライバルに差をつける

ビジネスでの利益を大きくする為には、ライバルも意識する必要があります。やはり競合との競争に勝たない事には、稼ぐのも難しくなってしまうからです。ですからネットビジネスに励んでいる方は、しばしば気遣いしています。

商品を発送する時にお礼状を同封

ネットビジネスの方法の1つに、オークションがあります。何らかの手段で買った商品を落札してもらい、利益を得ていく訳です。せどりというネットビジネスも、その1つです。
ところで商品が落札された以上は、相手に物を郵送する事になります。郵送の際に一工夫してみると、稼ぎやすくなる事も多いです。
例えば商品を郵送すると同時に、お礼状も同封してみる訳です。受け取った側としては、不快な気持ちにはならないでしょう。
このお礼状を同封している出品者は、実は意外と少ないです。事務的に商品だけを郵送して、何もお礼状が入っていないケースも多々あります。

ライバルに差をつける為のお礼状

それだけに直筆のお礼状が入っていると、非常に目立ちます。手間をかけてお礼状を書いてくれた気持ちが伝わり、感謝の念が生じる事も珍しくありません。
つまり、それが狙いなのです。冒頭でも触れた通り、ネットビジネスで稼ぎたいのであれば、ライバルとの差をつける必要があります。ライバルと同じことをしていると、売上げを伸ばすのも難しくなってしまいます。ですからお礼状を同封してみて、ライバルに差を付けてみる訳です。
この積み重ねは、意外と軽視できません。ネットオークションで取引をする件数は、かなり多くなります。せどりですと、かなり取引の件数が多くなりますから、お礼状で大きく差をつける事も可能です。

発送に関するメールを送ってみる

また商品を受け取る側としては、時期は非常に気になります。商品受け取りを心待ちにしている落札者も多いですが、それだけに時期を教えてあげるのも有効です。
どういう事かと言うと、発送メールを送信してあげるのです。商品を発送すると同時に、追跡に関する番号が書かれたメールを送信してあげるだけでも、落札者としては大変助かります。商品を追跡できれば、受け取れる時期も把握できるからです。
発送メールを送信するのも、気遣いの1つです。このメールを送信していない出品者は意外と多いので、差別化の効果は期待できます。
このようにやり方は色々ありますが、ポイントは「気遣い」です。相手に対する配慮をしてあげれば、ライバルとの差も付けやすくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です